ディスクウォーリアを月イチで使用

Updated: 
07/31/2015

ディスクウォーリアを月に一回使用して問題発生予防

ディスクウォーリアはファイルのカタログの健康管理をするだけでなく、不良セクタなどの重要な危険事項を知らせてくれるので、月に1度定期的に使用するだけでハードドライブの信頼性が驚くほど向上する。

ディスクウォーリアのUSBバージョンはOS Xユーティリティに内臓されるかたちで配布されているので、利点が大きい。アクセス権の修復はもとより、OS Xが自動的に作成する隠れパーティションである復旧ボリュームに依存しなくてよくなる。

Optionを抑えたままで電源を入れ、起動ボリューム選択画面が出たらDiskWarriorを選択してクリック
OS Xユーティリティ画面からDiskWarriorをダブルクリックする。約款に同意しろと言ってきたら同意ボタンを押す
起動ボリュームを選択し、再構築ボタンをクリック

注1:ハードドライブの大きさによるが、20分程度かかる。途中でクリックを要求されるので側にいなくてはならない

注2:レポートで赤字のエラーが出たら、必ず2度走らせる必要がある。赤い字のエラーが3度目に出たらハードディスクが壊れている可能性大

注3:交換するカタログファイルを保存するかと聞いてくるが、これを保存する必要はない