レインボーカーソル地獄対策

Updated: 
07/31/2015

SWOD (Spinning Wheel Of Death)
レインボーカーソル

ヨセミテが普及し始め、多くの知人から相談を持ちかけられる。不思議なことにこちらアメリカではそれほど聞かないのに、日本で流行っている現象のようだ。

  • パフォーマンスが落ちた
  • レインボーカーソル(SWOD)が出て何もできなくなる
  • ファンがブーブー唸る
  • 突然凍る

原因は色々考えられるが、まず頭に叩き込んでおいて頂きたいことがある。この目まぐるしく進歩するコンピュータの世界でたったひとつ進化が遅い部門がデータストレッジだ。ハードディスクの信頼性の改善は驚くほど遅い。SSDなどで速さは進歩しても、信頼性は進歩しないということだ。

結論:バックアップ、バックアップ、バックアップ!

バックアップをしない者泣く資格なし!バックアップは3カ所になければバックアップと呼ばない。3つのうちの一つは必ず自宅以外である必要あり。筆者はTimeCapsul、Droboを自宅に、アマゾンS3バックアップサーバをネット上に使っており、データ損失は1997年以来一度も経験していない。

さて、パフォーマンス低下の考えられる原因:

  • ハードディスクに不良セクターが存在していたが、OSのアップグレードで不良セクターに触れてしまった
  • ハードディスクのディレクトリーカタログが破損
  • OSのアップグレードの際、不良ファイルを引きずってしまった
  • アクセス権がどこかで壊れてしまった
  • 新しいOSに対応していないアプリが瀕死状態でOSの首を絞めている

以下にトラブルシューティングの数々を書き足していく