パーティション

Updated: 
07/09/2014

パーティションをするとハードディスクのヘッドの動く頻度が増すので、Appleはパーティションの必要はないと公表しているが、個人的にはパーティションの必要性を信じる。ハードディスク自体が異音などの前兆を見せずに壊れることは殆どないが、ボリュームはある日突、然前触れなしに壊れる事がある。パーティションなしで単一ボリューム設定の場合、復帰に無駄な時間を費やすことにもなりかねない。近年SSDが普及してきている。SSDはヘッドがないので当然パーティションに対する弊害はない。

オーディオをMacに録音する我々の仕事では、特にOSボリュームに音源をリアルタイムで録音する事を避けたい。OSは裏で常に仕事をし、ファイルのフラグメンテーションを引き起こすだけでなく、Mac自体のパフォーアンスに影響する。Mac OSXの自動デフラグ機能はオーディオやビデオファイルには適用されないことを留意。SSDは速いので心配する必要はないのかもしれないが、個人的にはOSボリュームに録音する気にはどうもなれない。

その他、パーティションすることでバックアップとリストアが簡単且つ迅速になる利点もある。


Mac Pro (デスクトップ)

デスクトップMacだと複数のハードディスクをインストールできるが、OSドライブは2つにパーティションをすることをお勧めする。前提として他にもハードディスクがインストールされていて、書類はその別のハードディスクに保存されているとする。もしひとつしかハードディスクがインストールされていない場合は下記のノートブッく型を参照。

  • OS前バージョン
  • OS現行バージョン
  1. パーティションを2つ作成
  2. 現行のOSバージョンを最初のパーティションにインストール
  3. 次に新しいOSバージョンがリリースされた時、現行のOSをアップグレードするのではなく、2つ目のパーティションに新規インストールすると、どちらのOSからでも自由に起動出来、例えば重要な仕事は慣れたOS環境で、余暇に新しいOSを体験するなどの自由がきくし、新しいOSに移行した後もトラブル発生時に旧OSに瞬時で戻れる
  4. さらに次の新しいOSバージョンがリリースされたら、最初のパーティションを消去し、そこにインストールすることにより、常に現行OSと前バージョンのOSを維持することができる

MacBook系 (ノートブック型)

ノートブック型だとひとつしかハードディスクまたはSSDを内蔵する事ができないので、どうしても書類用のボリュームをOSボリュームと別に作ることを勧める。

  • OS前バージョン
  • OS現行バージョン
  • 書類用パーティション
  1. パーティションを3つ作成
  2. 現行のOSバージョンを最初のパーティションにインストール
  3. 次に新しいOSバージョンがリリースされた時、現行のOSをアップグレードするのではなく、2つ目のパーティションに新規インストールすると、どちらのOSからでも自由に起動出来、例えば重要な仕事は慣れたOS環境で、余暇に新しいOSを体験するなどの自由がきくし、新しいOSに移行した後もトラブル発生時に旧OSに瞬時で戻れる
  4. さらに次の新しいOSバージョンがリリースされたら、最初のパーティションを消去し、そこにインストールすることにより、常に現行OSと前バージョンのOSを維持することができる
  5. 書類はすべて書類専用パーティションに保存する

重要

  • OSボリュームは最低でも10%、通常20%の空き容量を維持しないといけない。OSはキャッシュファイルなどを左右に動かしたりするスペースが必要で、空き容量が10%以下になると途端にパフォーマンスが低下する。